債務整理も自己破産もできない私

数年前から借金をするようになり、最近は借金を返すための借金をするようになってしまい、借り入れ件数も多く、借りて返してを繰り返す自転車操業状態になってしまいました。利息がかさんで支払いが多くなり元金も減らず、毎月の生活も危ういです。この状況をどうにかしてくて「債務整理」と「自己破産」を検討したのですが、どちらも私はできない人間でした。

「逆転裁判」シリーズ公式ツイッター (Gyakuten_capcom)さんはTwitterを使っています

というのも、まず債務整理は完済することを前提としたものなので、仮に整理を行ったとしても私の収入では5年以内の完済が難しいためです。年収に対して借入額が多すぎて、毎月しっかり返済できたとしても5年以上かかってしまうのです。債務整理は2〜5年以内に完済できない場合行うことができず、完済の目処が立たないと判断されてしまいました。

司法書士 郡山

自己破産に関しては、借金の理由が問題でした。恥ずかしい話ですが、私の借金はギャンブルが理由です。パチンコや競馬にハマってしまい、それの負け分を取り戻すために借金を重ねていきました。気付けばその額はとんでもないものになっており、今の状況に至ります。自己破産はギャンブルが理由の借金だと免責不許可事由というのに該当してしまい、これに該当すると自己破産が行えないのです。裁判所の判断にもよるみたいですが、私の場合難しいようでした。債務整理ならギャンブルが理由の借金でも行えるのですが、先ほど書いた通り私は債務整理ができません。もう八方塞がりの状態なのです。

新宿区:多重債務特別相談

全ては私がギャンブルにハマったのが原因ですし、更にそこで借金に手を出してしまったのは完全に自分の責任です。なるべくしてなった辛い人生を、悔やみながら生きていくしかないのでしょうかね。