就職活動ってやっぱりルックスがいい方がお得なの

割とおばさん向けとして知られている化粧品ブランドのマッサージクリームが、洗顔料とセットになってお手頃価格でドラッグストアで販売されていたので購入してきた。帰宅してからネットの口コミサイトを見ると、匂いがオバサンくさいとか香りが苦手という意見が多かったが、実際に使用してみるととても軽いテクスチャーのクリームでマッサージするのにちょうどよい質感だった。香りはオバサンくさいというより、コストコで売っている外国製のファブリーズの香りにそっくりで、これはこれで私にとっては馴染みがあり嫌な印象はなかった。しかしながら、やっぱりクリームのボトルデザインが白と淡い赤で彩られたオバサンくさいルックスで、これだけでもかなり若い世代からは倦厭されてしまうのではないかと思う。

福山大学

実際のところ、ルックスというのはかなり大切である。第一印象をもっとも左右するのはルックスだし、恋愛においてもルックスが好みの異性を選ぶのが普通だ。大学のお昼休みの時にまだ内定をもらえていない友達が、就職活動ってやっぱりルックスがいい方がお得なのと力なく呟いていたことを思い出した。

書類選考/筆記試験|ジョブカフェちば

彼女のルックスは決して悪くはないが、私と同じ十人並みだろう。だから気にすることなく就職活動を頑張ればいいと思うのだが、気持ちの上で他でもない自分自身に負けてしまっている気がする。かく言う私もたった1社内定をもらっているだけだが、内定をもらえた勝因は、第一希望じゃなかったので余裕のある気持ちで試験に臨めたからではないかと考えている。



見た目が特に問題なければ、きっとその次は内面を見てもらえるのだから、彼女ももっと気持ちに余裕をもって就職活動に臨むべきだと思う。